静岡に 新茶の季節

静岡といえば
お茶、みかん 魚

その中でもお茶は、静岡の代名詞といえるのではないでしょうか
お茶は、4月下旬から新茶の収穫が始まります。

4月26日撮影 牧之原大地にて
s-IMG_1164

写真のこのくらいの芽の大きさで
茶の専門店などで100g1500~2000円程のお茶となります。

摘み取った茶の芽は
最初に蒸して徐々に乾燥させながら細く撚ってゆき
翌朝には、荒茶(半製品)として製造いたします。
それを県内の茶商・製茶問屋(二次加工業者)が、1年分の原料として仕入れるわけです。

弊社もこの製茶問屋に該当しますので
約2週間の間は、毎日この荒茶を仕入れ年間の原料として保管をします。

この写真は、ほんの始まりですので
その2週間後の頃には、お茶の葉もそれなりに大きく成長し
100g500~600円程度となります。

遠目には、絨毯を敷き詰めたような萌葱色のお茶畑です。
刈り取る風景は、なかなか良いもので
特にゴールデンウィークには最盛期を迎え
観光にもとても良いと思います。

この時期、東名を通過するなら
相良・牧之原インターを降り、20~30分茶畑の中をドライブするのも良いものです。

タグ: ,

コメントをどうぞ