‘給茶機’ カテゴリーのアーカイブ

給茶機 パウダー茶(粉末茶)が、 溶けない! 固まり(ダマ)になる!

2014/06/20

このようなお問い合せが時々ございます。

「お茶が固まって落ちてこない」
「お茶が固まって溶けない!ダマになっている」
この様な「固まって・・・」というものです。

給茶機用の 粉末茶(パウダー茶)は、
原料箱からシューターを通り
ミキシングと呼ばれるところで「お湯」または「水」と混ざり
その後、お茶として出てきます。

この場合「 機械 」または「 原料 」
このどちらかに問題があると思われます。

一つ目の「 機械 」ですが
機械内部の清掃を適宜に行っていない為に
湿気を帯びた状態になっている事があげられます。

1)フィルターの清掃不足による目詰まり または 換気ファンの故障
2)粉末茶が落ちてくる「シューター」にお茶の固まりが付着して落ちにくくなっている

●対処

給茶機の説明書に沿って定期的に掃除をしてください

二つ目が「 原料 」

1)間違えて「 粉砕茶 」を購入してしまいた
2)粉末茶、開封後の保管が悪い場合

●対処

お茶の種類を間違って購入していないか確認下さい。

開封後の袋の口をしっかりと止めて保管下さい。
冷蔵庫へ保管している場合、二重にビニール袋へ入れて口をしっかりと止め
冷蔵庫から出した場合 常温に戻してから原料補給してください。

給茶機用の粉末茶は、吸湿しやすいため特に開封後の注意が必要です。
吸湿してしまいますとお茶が固り溶けにくいなどの原因になります。

給茶機導入の注意点

2013/12/04

給茶機導入の注意点(1)

給茶機の価格だけにとらわれないで下さい。
ランニング費用が重要です。

給茶機には、タイプが3つあります。

  1. 粉末茶(パウダー茶)タイプ
  2. 粉砕茶タイプ
  3. 茶葉タイプ

その中で現在主流の機種は、
粉末茶(パウダー茶)タイプ となります。

給茶機を「レンタルで導入」された会社様の多くの感想が、
“ お茶代が予想以上に高くて困った! ” と言うものです。

一度導入致しますと
最低でも、5年は使用しなければなりません
給茶機の 価格だけにとらわれないことが重要です。

給茶機 ・ 機種別に、必要な情報を比較しました。
参考ください。

■給茶機 タイプ別の特徴

給茶機・タイプ お茶 冷温 メニュー数 特徴
粉末茶タイプ
(パウダー茶)
インスタント茶 冷・温 お茶3種類迄(温、冷)+
お湯+冷水
(計:8メニュー迄)
お茶の他、珈琲、紅茶、
麦茶、烏龍茶、みそ汁
など多種可能。
冷たいメニューが豊富で
熱中症対策にも役立ちます。

粉砕茶タイプ 茶葉を粉砕した
粉末茶です。
冷・温 茶(温、冷)+お湯+冷水 茶葉をそのまま粉末にして
いますのでお茶本来の味。
いつでも均一の味
茶葉タイプ 茶葉 茶(温)+お湯+冷水 本格的な味で飲めますが、
茶殻が出る、1~5杯目とで
は味の違いが若干でます。

 

■給茶機 買取 リース レンタル 導入費用の比較

タイプ 給茶機・導入費用 保守費用 お茶代(月)100杯×22日 5年間の合計費用
買取 40~50万円
一時金
故障が、仮に
5年間に2回
発生で
仮100,000円
自由に購入
1.4円×2200杯=3,080円
684,800~584,800円

6年目からはお茶代のみ
リース 8,000~10,000円
/月
5年間 限定
故障が、仮に
5年間に2回
発生で
仮100,000円
自由に購入
1.4円×2200杯=3,080円
764,800~884,800円

6年目からはお茶代のみ
レンタル 5,000~10,000円
/月
永続的
0円 レンタル会社より
購入が必須条件
5.9円×2200杯=13,000円
1,080,000~1,380,000円

6年目以降も必要

※保守費用は、上記の使用量では、多めに費用算出しておりますが、
仮定の話であり使用頻度などの条件でも変わります。

お茶の使用量が、多ければ多いほどこの差は大きくなりますので
やはり「買取」や「リース」をお薦めします。

 

■設置場所は?

水道、排水設備が、1m以内に有る場合は、直結式が便利です。
無い場合は、カセット式となります。
1500W程度のコンセントが、1m以内に必要となりますので無い場合は予め
設置が必要です。

給茶機のご相談はこちら

 

給茶機で、粉末茶の粉の固まりが混ざる場合。 メンテナンス

2013/11/02

お茶が固まって溶けないで出てくる!

給茶機を利用されている
オフィス、社員食堂、病院、施設さんなどから
よくある問い合わせで、こんなのがあります。

“お茶の粉が固まりで、溶けきらないで出てくる”
“お茶が、詰まって出てこない”
“機械が故障したのではないか?”

お話をよく聞いてみますと、大半の場合
週に1度、月に1度のお掃除を忘れてしまっていることが多いのです。

日々のメンテナンスで重要な場所と言えば
お茶が落ちてくる「シューター」や
お茶の粉とお湯が混ざる「ミキシング」の清掃

特に重要!「排気フィルタ」

中でも「排気ファンのフィルタ」の清掃は、重要でありながらも忘れられてしまう箇所です。
排気フィルタを長時間洗浄せずに放置すると
原料の固着により目詰まりして、排気が出来なくなります。

同様に、排気トレイも長時間洗浄せずに放置しますと、
原料固着なとによる目詰まりが生じ、排気できなくなります。

普段の業務で忙しい環境では、
簡単なメンテナンスと言いましても
怠ってしまうことも有ると思いますが、

日常のメンテナンスを心がけることによって、
故障回数も減り保守にかかる経費の節減にもつなげていただけます。

kyucyaki01

もし最近、掃除をしていないな~ぁとお思いで
お使いの給茶機が、このような現象があるとしましたらら
マニュアルを見ながら清掃をしてみて下さい。

慣れれば、案外簡単な清掃箇所です。

粉末茶のことなら

 

Bookmarks
Archive

You are currently browsing the archives for the 給茶機 category.